アーカイブ

2014 年 11 月 のアーカイブ

きのこ栽培ゲームと俺の小名浜の地名が名曲な件

2014 年 11 月 29 日 Comments off

■趣旨も分からず突然バトン渡されて困惑中

こんにちは!小名浜に住んでる猫という設定のネット原住民、アルチバです。
ボッチでヒキコモリで無趣味でつまらない日々を送っているので面白い事が書けません!
アルチバ猫 さてどうしよう。 ニャー!

■ゲーム(モンハン)の話

Milaさんからの流れ的にゲームの話を書けば良いのでしょうか、
でも私のモンハン「MHP2」の時代で止まってます。単にアクションが苦手だからですが、
それがあまりに下手すぎて、私は途中で真理に到達してしまい。投げ出したのです。

つまり、下手すぎて「リオレウス」何回やっても倒せない!!!ってなります。
友人に手伝ってもらってもただ見てるだけ!ってなります。これはヤバイ!!
一人だとやる事無いのでゲーム中の畑でキノコ栽培やる!ってなります。
栽培だけをやっても狩りは上手くなりません。結果、狩りしません。ってなります。
高級キノコの木、最高級キノコの木を手に入れて、もうずっとキノコ栽培に没頭です。
いつしか、一つの真理に到達してしまうのです。

このゲームの本当の楽しみ方は、狩りをする事じゃないだ!
キノコ栽培が正しい遊び方なんだ。これはゲームじゃない!
キノコ栽培の方が世界の神髄!ゲーム機も不要だ!
ちょっとリアルにキノコの木を買ってくる!ってなります。
そして、月日が流れ、ついに完成。

kinoko

上手に出来ました!リアル原木しいたけ栽培ゲーです。

原木栽培はやってみると意外と簡単です。
狩りのようなアクション技能は必要ありません。
原木に菌を植え付けたらひたすら待つだけす。放置ゲーです。
そして最新のゲーム機にも搭載されてない機能があります。
なんとリアルに食べれます。話題の「キノコ大好き」スキルが最初から発動です。
もう、これはゲームじゃないのかもしれません。

狩りに疲れた方、モンハンの真理に辿り着いた方は、
こんな待ちゲーにも挑戦してみるのはいかがでしょうか?
もっともモンハン好きな方はリアル原木栽培ぐらい既にやってますよね!(偏見)

■食べ物の話

リアルに食べられると言えば、
東洋経済のサイトに料理を製造する3Dプリンタの記事が掲載されてました。

「外食産業を喰い尽くす、3Dプリンタの破壊力」
http://toyokeizai.net/articles/-/54361

ゲームの中でキノコを栽培したらプリンターから食べられるキノコ形の何かが出てくる。
冗談でなくそんな未来がいつか来ちゃうかもしれない!?

■音楽の話

さて、話は変わって今回も自作の音楽を載せます。
今回紹介する曲は新曲ではなく過去に作った曲で、
これ以上ないぐらいに、小名浜ローカルです。

「小名浜の地名」
ちょうど3年前に作った曲です。懐かしすぎて自分で作曲した気がしません。
他人が作ったと思って聴くと小名浜愛に溢れた名曲(迷曲?)な気がしてきます!(自画自賛)

お気づきかも知れませんが、私はまともに作詞が出来ないので、
作詞してくれる方を常に募集しています。

小名浜ローカル、いわきローカル、福島ローカル、地元ネタを含んだ歌詞を書ける方、
大募集中です。ネタ歌詞でも構いません。ご興味を持たれた方は、
下のコメント欄か作詞連絡専用の私宛のアドレス(lyric@alchiba.org)の方へご連絡下さい。お待ちしております。

■次回予告

次は【ますた~】さんお願いします!って感じでよろしいのでしょうか!(バトンの趣旨をあまり分かってない)

オフ会的なもの

2014 年 11 月 27 日 Comments off

私はゲームが好きで、お休みの日はカフェに行くか、買い物に行くか、本を読むか、ゲームをするか…という生活をしています。

 

今はまっているのは「MH4G」。

以前は、実際に会わないと一緒にプレイできなかったのが、最近では通信用のコードを登録すれば、家にいながら、離れたところに住んでいる友達とも一緒に遊べてしまいます。

友達の友達(会ったことない)とも、一緒に遊べてしまいます。

それどころか、見知らぬ人とも遊べます。

ゲームスキルだけではなく、マナーも気にしなければいけません。

大変な世の中ですね。

 

で、今日はこのあと、その友達の友達と初顔合わせをしてきます!

この場合、「初めまして」なのか「お久しぶり」なのか…迷うところ。

(先週はフリーペーパー印刷入稿の週で、全然ゲームできてなかった。。)

 

とりあえず、明日に影響しない程度に、狩りを楽しんできまーすwww

 

次は【アルチバ】さんです!よろしくお願いします!

カテゴリー: お知らせ タグ:

ボージョレ解禁!

2014 年 11 月 26 日 Comments off

今年のボージョレヌーヴォーを自宅で解禁!

IMG_9724.JPG

ワインは、冷蔵庫で冷やすよりも涼しい部屋で保存するほうが良いらしいです(・ω・)ノ

今まで、気にせずに冷蔵庫で冷やしていたので、これからは、保存にも気を使い美味しいワインを頂いていこうと思います(^_^)

つままには、やはりチーズが定番!
しかし、他にも合うつまみはあるはず

色々試してみようかな(^_^)

次は、【Mila】さんが登場予定ですお楽しみに☆

カテゴリー: お知らせ タグ:

トレセン

2014 年 11 月 21 日 Comments off

私の世代(昭和生まれ)で「トレセン」と言えばJビレッジ。
震災後はあの綺麗な芝の見る影はなくなってしまった。

今の若い人たちは知らないかもしれないが、Jビレッジと言えば
アルゼンチンの合宿地(2002年日韓ワールドカップ)日本代表合宿地(2006年ドイツ大会)
として有名だった。

今から6年前、日本代表が湯本高校と練習試合をすることになり駆けつけた。

目の前には、ヒデ、俊輔、ボンバーヘッドなど錚々たるメンバー。
「ヒデ!!!」「正剛!!!」など、私の気合を注入したことが昨日のように覚えている。

サッカーA代表の試合は国民の視線をひきつけることもあり一喜一憂する記事が連日賑わう。

その地としてJビレッジの名が再び出るように願っています。

ヒデ、ボンバーヘッド、ツネ、少し離れて福西

ヒデ、ボンバーヘッド、ツネ、少し離れて福西

 

さて、次の記事は「マサ兄」お願いします!!1111

カテゴリー: いわき タグ:

充実した一日でした!

2014 年 11 月 20 日 Comments off

先日は貴重な体験をしました。

とある洋服の展示会でデザイナーさんと直にお話しする機会がありまして・・・

学生時代から雑誌等で拝見していた方で、洋服自体もかなり高価なモノな為「お金が稼げるようになったら絶対着る!」
とその頃思っていました。

あれから4年・・・
22歳の11月、その方の作るお洋服を着て、その方とお話し出来、夢のような時間でした。

外見はもちろんスマートで、内面的な部分に関してもブレることなくとても優しいお方でした。
それは作られるお洋服にも表れている部分で
「見た目がかっこいい」だけではなく「本来の洋服としての機能」を重視して作られているという部分に重なっているなぁなんて思いました。

そして「素敵」という言葉がすごくお似合いな方だなと感じました。

身に纏うご自身のお洋服が田舎の街並みにも見事に調和していて。
これってものすごくカッコいいことだと思うんですよ!

空間だったり場所によってミスマッチな恰好ってあると思うんですよ、どうしても浮いてしまうというか。。。
そういうことを感じさせない、凄く説得力があり、どの場所にいても常にカッコいい。
それは着こなしとかではなく、人間的な内面からにじみ出るのもなんだなぁと。
短時間ではありましたがお話をしていく中で感じました。

自分もこういう大人になりたいな
外見ではないので内面なので・・・
これから少しずつ近づけるよう改心していきたいと思います!

次は「こうちゃん」よろしくお願いいたします!

カテゴリー: お知らせ タグ:

ARM Smith”Clock Machinery” #32

2014 年 11 月 20 日 Comments off

【猫の話、そのⅡ】

うちのコテツがロックオンして飛んでいった。その先に、こいつがいた訳です。

IMG_1708

問題なのは、拾ってきたとか飼う事になったとかではなくて、尻尾の形状と名前でした。

この猫は、死んだミーにそっくりな毛並み(ちょっと短い)で、運命を感じてしまいます(でも、こてつにロックオンされた)

古来よりペットとして飼われてきた猫。特に日本ではその尻尾を切り落とし、化け猫にならないようにしていた歴史があります。

また、今で見る普通の尻尾はむしろ需要が皆無に等しく、みんな切ったり、尻尾の曲がった猫を飼っていたようです。

欧米では、尻尾の曲がった猫「鍵尻尾」を持つ猫は幸運を引っ掛けてくるとも云われており、何か期待させてくれる感じですね。

 

IMG_1992

 

もちろん、この猫も「鍵尻尾」の持ち主。

あらゆる幸運と金運を引っ掛けてきてもらいたいです。ちなみに名前は「にゃにゃまる」。

スンゲーテキトーにつけた感満載の残念な仕様となりましたとさ。

アパートにも連れて来たいんだけど、退屈でもたないだろうな・・・

 

 

さて、猫の話のついでに、そろそろサバゲー、それもボルトアクション銃のシーズンがやってまいります。「山猫は眠らない」に感化されてはいないのですが、PSG-1

あたりを戦場に持ち込んで、えげつない戦法で戦ってみたいものです。

そろそろ屋外に行きたいですねー。

 

 

 

 

 

カテゴリー: お知らせ タグ:

お掃除しましょう!!

2014 年 11 月 20 日 Comments off

こんにちは~!こみうむです。

マサ兄からのバトン受け取りました~(ちょっと熟成させちゃったけど☆)

ABCはただいまフリーペーパー作成中!

締め切り直前の週はこみうむいつもバタバタします。

しかし!忙しいからといって基本を忘れてはいけませんね。

良い紙面は良い環境作りから!

今日はおそうじの日ということでみんなで朝お掃除をしました。

床に机に窓ガラスも!

心なしかキレイになるとモチベーションもあがりますね。

まあ、写真をみると綺麗には見えませんがww物が多いですね…

年末の大掃除でお片づけがまってそうですwww

 

↓おちゃめなポーズをサービスしてくれてるのはマサ兄↓

2014_11_20_souji

 

つぎのブログバトンは初登場か?!

ABCの若きイケメン営業マン Kくん(仮)です。

お楽しみに~

カテゴリー: いわき, 写真 タグ:

ARM Smith”Clock Machinery” #31

2014 年 11 月 19 日 Comments off

【ネタが出尽してしまいました。】

本当に、単発、単発でネタがありません。そもそも更新頻度にムラがあるこの私がががっと書いて、しばらくポツーンと書かなくなる時期がありますが、ねたの収集という大事な偵察任務を遂行している最中とお察し頂ければ幸いです。

さて・・・

表題の通りネタがないので、流行の猫関連の記事で場を繋いで行きましょうかねw

こいつ、勿来のおうちに餌のみを食べにくる猫でありまして、通称にゃん太。もちろん本名は不明であれば、年齢も不明。いつも県道の側溝を通って来るというなかなかのツワモノであります。・・・というのも、この県道は、かの採石場のトラックが多く、この道で散って行った動物は多いのです。南無・・・

そんなデンジャーゾーンを生き抜くため、側溝を通るという、云わば「ゲシュタムジャンプ」技術を得たものと思われます。

今日はなんかブログ投稿フォームがご機嫌斜めなご様子。ここいらで失礼させて頂きます。

140820_0633

カテゴリー: お知らせ タグ:

ARM Smith”Clock Machinery” #30

2014 年 11 月 18 日 Comments off

【ミニチュアゲーム、今どうなった!?】

私のコレクションで唯一戦場に登場する「ブレトニア王国」の騎士団。

IMG_0842ボウマン、ペガサスナイト、トレビシュ、ヨーマン、そして騎士。

計2000ptsを数えるスタンダードなロスターですが、彼らは砲と数に弱く、自慢のランスフォーメーションも「揺るぎ無し」が適応されると、貫通力が激減してしまいます。

去年の今頃、確かハイエルフが更新され、次はブレトニアか!とwktkしていたら、そんな夢は幻だったとげんなりしたことを覚えている。ブレトニアだけが数年間更新されていない状態は、今も続いているのだろうかw

それだけではない、秘密兵器トレビシュの威力も低下してしまったではないか・・・!!

王国の滅亡を憂いているそのとき、我がミランダ公国軍に増援が到着。

IMG_0840そうです。懐かしの「吟遊詩人トリスタン」を作ってみました。画質が悪いw

どんなヤツなのかといいますと・・・

アーサー王物語に登場するその人で、モデルも吟遊詩人っぽくリュートを背負っております。ランク的にはクエスティングナイトなのですが、こちらではパラディンとしてエントリーしてます。ぱっと目を引くモデルはやはり良いですねー

最近、全然ゲームしてないけど・・・

今、ウォーハンマーってどうなってるんだろ!?

 

 

ARM Smith”Clock Machinery” #29

2014 年 11 月 17 日 Comments off

【スナイパーライフルの悪夢】

世の中には、天才スナイパーと呼ばれる鬼神の如き兵士がいる。勿論、軍隊や警察機関に所属するスナイパーというのは、一般人から見たら、天才的な射撃技術を持っている・・・のだが、サバゲーの世界において天才と呼ばれる狙撃手はいるのだろうか?

ザイツエフドイツで天才と呼ばれたライフルの名手ヴァシリ・ザイツェフ。

彼の狙撃技術は訓練の賜物であって、鍛錬に勝る才能はやはりない様である。そんなザイツェフは、かのシモ・ヘイヘ討伐に派遣されたドイツきっての名狙撃手。

同じ場所から射撃しない、あらゆる姿勢からの正確な射撃、風と弾道を素早く計算する能力・・・と、実際のスナイパーから得られる技術はだいぶ応用できそう。

それらを踏まえて、私の考案した狙撃術がフォアグリップを装備するということだった。

連射が利かないライフル銃のスナイパーにとっては、射撃と射撃の間が生命線で、走りながら装填できれば弱点を減らすことが出来る。

さらに、構えたまま装填できれば、狙って撃つまでの間隔がさらに短く出来る。そうすることで、さっと撃ってさっと居なくなる神出鬼没な戦い方ができる。スナイパーはスピードが命。後方に居ても勝利になんら寄与しない。

IMG_2067←そして、結局このスコープに戻ってしまったw

視野が暗く狭い、弱点だらけのスコープだが、これの組み合わせが一番攻撃力が高い。

ストックについたポーチもそれらしい雰囲気を高めてくれるアイテムだが、チークパッドも兼ねており、なかなかの使いかってだ。この仕様で、前回も敵兵士の脳天をピンポイントで何度撃ち抜いたことか。

オートマチックな電動ガンもいいんですけどねー

なんかしっくりこないんですよねー

カテゴリー: お知らせ タグ: