アーカイブ

2010 年 12 月 のアーカイブ

大掃除

2010 年 12 月 29 日 Comments off

ABCいわき情報館の大掃除を本日行いました。

1年間お世話になった事務所なので、感謝の気持ちを込めながらガラスを磨き、壁を磨き・・・。

2011年は一体どんな年になるだろう。

そういえば、ABCカードに大きな動きがあります。具体的な内容はまだ内緒だけれども。

来年は、更なる情報を皆様にお届け出来るようスタッフ一同、まい進していく所存です!

2011年もよろしくお願いいたします。

今から、会社の忘年会にいって来ます^-^ノシシ

カテゴリー: お知らせ タグ:

メリークリスマス☆

2010 年 12 月 25 日 Comments off

街はイルミネーションでキラキラしていて、
何だかウキウキしちゃう今日この頃・・・。
もうそろそろイルミネーション期間も終了ですかね??
昨日は、クリスマスイヴということで、ケーキを食べました♪♪

ケーキはほんと心を温かくしてくれます(笑)
ふと、クリスマスケーキって??と思いまたまた調べてみたところ
クリスマスケーキはどうやら不二家さんから始まったみたいです!!
ウィキぺディアによると、
日本のクリスマスケーキの歴史は、菓子メーカー不二家創業の1910年(明治43年)まで遡る。
現代の日本では、スポンジケーキにホイップクリームやバタークリームを塗り、
砂糖細工のサンタクロースやクリスマスツリー、イチゴやチョコレートを
飾りつけたものが一般的である。これは、不二家が1922年(大正11年)頃から広めたものである。

だそうです!!
バレンタインにしろ、クリスマスにしろ、戦略なのですね・・・。
しかし考えた人は本当にスゴイなぁとつくづく思うわたしでした。

ではまた☆

カテゴリー: お知らせ タグ:

お花

2010 年 12 月 22 日 Comments off

先日、近所のお花屋さんの前をフラッと通ったら綺麗な花があったので何気なく買って奥さんにプレゼントしてみたらすごい喜んでくれました。
やはり女性は花をもらうと嬉しいみたいなので、飲みに行きたい時などの前には花を送ってご機嫌とりをしようかとたくらんでいるとんぺいでした。

カテゴリー: お知らせ タグ:

いわき市出身者が出走予定の箱根駅伝

2010 年 12 月 10 日 Comments off

新年のお楽しみ箱根駅伝は1/2(日)3(月)。

本年と昨年は柏原竜二選手(いわき総合高校卒)が話題を独り占めした。

箱根駅伝に興味がない人も是非見てほしい。柏原竜二選手の走りを見てグッとこみ上げるものがあるはずだ。

5区のヒルクライム(山登り)で、平地を走るが如くその姿はとても同じ人間とは思えない。
きっとあなたもテレビの前で「がんばれ!」と無意識に大声で叫んでるはず。

現在、東洋大学3年生の彼がいる限り、同校の総合優勝はまちがいないとさえ言われている。
事実、彼の走りが常人を逸していて「ルール改正」の声があがったほどだ。
来年の彼の走りに是非注目してほしい。

そして、同じいわき総合高校卒で古瀬弘賢選手(上武大4年・本年区間19位)、撹上宏光選手(駒沢大2年本年区間4位)も大注目だ。
他にも、いわき総合高校卒の斎藤昌紀選手(駒沢大2年)もチャンスはあるはず。

こうしてみると、いわき総合高校の名前がズラリ。
箱根駅伝を中継するテレビでは、テロップで度々いわき総合高校の名前を目にするだろう。
同校は佐久長聖(長野)や仙台育英(宮城)、埼玉栄(埼玉)といった名門校と肩を並べる日も近いかもしれない。

マラソン大国いわき市ってフレーズもなかなかいいかもね!

カテゴリー: お知らせ タグ:

さよなら ジャックバウアー

2010 年 12 月 6 日 Comments off

2003年(アメリカでの放映は2001年)以来、数々のテロリスト達から米国を守って来たCTU捜査官の物語が遂に完結した。

CMを挟む効果音(秒単位にデジタル時計が時を刻む)はあまりにも有名で、日本のテレビでもしばしば使われていた。

さて、「さよならジャックバウアー」と銘打った今回のファイナルシーズン。
やはり見所満載だったが、1話から最後の最後でジャックバウアーが死ぬのか?ってな事が気になったw。

この24、何故にこんなに世界中(ヨーロッパや東アジアで放映)の人々を魅了したのだろうか。

それは、リアル感たっぷりの、そして今の世界情勢や政治情勢たっぷり詰めこんだものだったからではないだろうか。
もちろんそれだけでなく、友情、愛、そして正義とはなんたるかをとことん追求。
最新のコンピュータ等を駆使したインフォメーションテクノロジー。
アメリカ合衆国初の黒人大統領や女性大統領など予言か?と思うほどの現実とのリンク。

様々な分野で様々な人たちの心をぐっと掴んだ作品だったと思う。

まー評論はこれぐらいにしてw。

デイビッド・パーマー議員暗殺未遂からはじまった24。

思い起こせば数々の名シーンがよみがえる。
万感の思いで、最後のシーンを見つめた。

さよならジャックバウアー。

あとは、どきどきキャンプの岸学に期待するしかないか。

カテゴリー: お知らせ タグ: